ハギオナガヒゲナガアブラムシ

<カメムシ目>アブラムシ科 アブラムシ亜科  Megoura lespedezae

メモ:寄主植物はハギ類。

クワクサヒゲナガアブラムシ

<カメムシ目>アブラムシ科 アブラムシ亜科  Micromyzodium kuwakusae

メモ:寄主植物はクワクサ。

 クワクサの群生地で、葉裏や花の中に本種のコロニーが多数見られた。幼虫と成虫の体色が異なっているが、成虫間際や成虫になって間もない個体も見られ、色が変化していく状態が分かった。

10/17、有翅成虫が増えているのではと寄ってみると、すっかり草むしりされていた。

モモアカアブラムシ

<カメムシ目>アブラムシ科 アブラムシ亜科  Myzus persicae

メモ:寄主植物は多食性。

ウメコブアブラムシ

<カメムシ目>アブラムシ科 アブラムシ亜科  Myzus mumecola

メモ:寄主植物は一次寄生がウメ、6月ころ未知の二次寄生へ。主写真を消失したので、分かりづらい。再度撮影要。

カワリコブアブラムシ

<カメムシ目>アブラムシ科 アブラムシ亜科  Myzus varians

メモ:寄主植物は一次寄生がモモやスモモ、二次寄生がセンニンソウ類。

ネギアブラムシ

<カメムシ目>アブラムシ科 アブラムシ亜科  Neotoxoptera formosana

メモ:寄主植物はネギ、タマネギ、ニラ、ノビルほか。

リンゴコブアブラムシ

<カメムシ目>アブラムシ科 アブラムシ亜科  Ovatus malisuctus

メモ:寄主植物はリンゴ、ズミ、ボケ、カマツカほか。

カナムグライボアブラムシ

<カメムシ目>アブラムシ科 アブラムシ亜科  Phorodon japonensis

メモ:寄主植物は一次寄生がウメ、スモモ、二次寄生がカナムグラなど。写真の現地は梅林の傍。

 頭部に指状突起。

ニワトコヒゲナガアブラムシ

<カメムシ目>アブラムシ科 アブラムシ亜科  Aulacorthum magnoliae

メモ:寄主植物は多食性。②③のニワトコでは花・新芽・新葉が本種だらけであった。

ヘクソカズラヒゲナガアブラムシ

<カメムシ目>アブラムシ科 アブラムシ亜科  Aulacorthum nipponicu

メモ:寄主植物はヘクソカズラ。

ウツギトックリアブラムシ

<カメムシ目>アブラムシ科  Rhopalosiphoninus deutzifoliae

メモ:寄主植物は一次寄生がウツギ、5月上旬ころ未知の二次寄生へ。

ニンジンアブラムシ(ハナウドチビクダアブラムシ)

<カメムシ目>アブラムシ科 アブラムシ亜科  Semiaphis heraclei

メモ:寄主植物はハナウド、ヤブニンジン、ミツバ、ニンジン、ヤブジラミほか。

ワラビツメナシアブラムシ

<カメムシ目>アブラムシ科 アブラムシ亜科  Shinjia orientalis

メモ:寄主植物は次寄主がガマズミ類。二次寄主がワラビ。

ムギヒゲナガアブラムシ

<カメムシ目>アブラムシ科 アブラムシ亜科  Sitobion akebiae

メモ:寄主植物は多食性。体色は緑色~黄緑色,橙赤色。

 ①~⑥はアケビ類の新しいつるに寄生していたもの。

                                 ホームヘ カメムシ目Ⅰ